ホームページ作成に必要な知識

ホームページ作成を行うのみであれば、記事を入力できるだけの方でも公開する事は可能です。無料で提供されているブログやジェネレータなどを利用する事によって公開ができます。 ただし、制作会社に仕事として就職をしたり、ビジネスとして独自に行なって行くためには専門的な知識を要します。ホームページその物を組み立てるためのHTML言語とその内容を装飾するCSSは必須の知識です。ホームページは、文章のみでは魅力的な内容になりません、画像を必要とする物であり、画像を編集するためのソフトが扱えなければなりません。画像を点の集まりとして編集するラスタ画像の編集ソフトと、計算式によって画像を表現するベクタ画層の編集ソフトの両方の知識を要する物です。 これらの内容は、標準的な知識であり、ホームページ作成を行う制作会社は様々な要望に答える必要性があります。他の知識を要する物です。インパクトのある動画を制作するためのFLASH、ホームページ内をプログラムによって制御するJavascript、サーバーとのやり取りを行うPHP言語、サーバー内でプログラムを動かすC言語などの知識を要する物です。 これらはあくまでも、ホームページ作成を行って公開するためのシステムを構築する内容です。ビジネスとして成功を収めるためには、色が与える人の心理や、言葉の表現内容など見せ方によって人に与える心理を知識として学ぶ必要性があります。ホームページを作成するための知識には終わりは無く、常に知識欲を持って情報収集にあたり学んで行く事が大切な事と言える物です。

おすすめサイト

 

ホームページ作成に便利なソフト

ホームページ作成を行うために必要な三種の神器と呼ばれている三つのソフトがあります。ホームページ作成その物を作り上げるために必要で代表的なソフトと言えば、dreamweaverと呼ばれるソフトです。ホームページビルダーと呼ばれるソフトもありますが、このソフトは家庭用、個人用として一般的に流通している物であり、プロが使うソフトとは言えない内容の物です。 グラフィック関係、画像を編集したりするソフトの代表的な物に、photoshopとillustratorと呼ばれているソフトがあります。photoshopは写真などの画像を編集するのに最適であり、illustratorはベクタ画像と呼ばれる計算式によって表現する物で、軽いデータで抑えれる効果があります。ただし、写真のように、複雑に様々な点の色で表現する事は苦手としているため、文字やイラストなどに効果を発揮します。また、劣化が無いため、高解像度を必要とする印刷物に転用する事を考えればベクタ形式で作成した置く事もポイントの一つです。 フリーソフトの中にもグラフィック関係のソフトが多くあります。メジャーではありませんが、マイナーな方にとってはメジャーな、ロゴシェーダと呼ばれるソフトがあります。photoshopやillustratorなどで表現できない立体化画像も容易に行う事ができ、画像編集ソフトのトーンカーブを利用すれば、プロ級の画像制作を行う事も可能になります。flashを制作するための専門性の強いソフトなど、ホームページ作成を行うためには様々なソフトが利用できるスキルを持ち合わせておかなければならないと言える物です。